>
境内案内

境内案内

仁王門(におうもん)
仁王門(におうもん)
急峻な石段の上にある本堂への表門にあたる。 寛文五年(1665年)に建立された阿吽の二天像が護る。
 
勅使門(ちょくしもん)
勅使門(ちょくしもん)
宸殿と共に第三世門主一品公弁親王が、後西天皇より拝領し、元禄六年(1693年)に移築完了した檜皮葺きの総門で、陛下の行幸、勅旨の代参、並に当門跡門主晋山の大事以外は一切開門されない。
 
晩翠園(ばんすいえん)
晩翠園(ばんすいえん)
谷川の水を引き滝を造った江戸初期の回遊式庭園。「心字」の裏文字を形取った池に、亀石、千鳥石、座禅石などが配置された名園。

 

宸殿(しんでん)
宸殿(しんでん)
御所にあった後西天皇の旧殿を貞享三年(1686年)に第六皇子一品公弁親王が拝領し、元禄六年(1693年)に移築を完了し当門跡の新書院とした。
 
霊殿(れいでん)
霊殿(れいでん)
阿弥陀如来を中央にして歴代の影像や位牌を安置している。永禄六年(1563年)御所の御霊屋として建立されたが、第三世公辨法親王住持の時、後西天皇より拝領移築された。
 
高台弁才天
高台弁才天
太閤秀吉公の大政所高台尼公が大阪城内で念じていた弁才天であったが、当門跡中興第三世一品公弁親王が巡錫の砌り、庶民福楽の為に、所望せられて当地に勧請せられた。

 

手水鉢(ちょうずばち)
手水鉢(ちょうずばち)
晩翠園の一角にある銘器で一品公弁親王が大変好まれた鞍馬自然石の手洗いで、上野寛永寺へ下向の砌り牛に引かさせて所持されたことでも有名である。
 
門跡碑
門跡碑
後西天皇行幸の砌りに賜った勅号。極楽橋の傍に立つ寺号の碑。
 
 
 
 

 

毘沙門堂の全容

毘沙門堂の全容